ITHACK
~ みんなのIT部門 ~

【コマンドライン】ディレクトリの内容を表示 [ ls ]

コマンドラインでディレクトリの内容を表示するlsコマンドをご紹介します。

※ 本記事の実行例はMacOSになります。ご利用の環境により異なる場合がございますのでご注意ください。

  • lsコマンド

lsコマンド

lsコマンドはディレクトリの内容を表示します。

詳細表示や隠しファイル表示などのオプションがあります。

書式

$ ls [オプション] [ディレクトリパス] 

オプション

主なオプションをご紹介します。

オプション 内容
-l ファイルの詳細を表示
-a 隠しファイルを表示

引数

ディレクトリパス

ディレクトリパスには内容を表示したいディレクトリの絶対パスまたは相対パスを入力します。
この引数を省略した場合、カレントディレクトリの内容を表示します。

実行例

$ ls
memo.txt	sample

$ ls -l
-rw-r--r--  1 hacker  staff   14 12  5 22:08 memo.txt
drwxr-xr-x  4 hacker  staff  128 12  6 16:42 sample

$ ls sample
tmp1.txt	tmp2.txt

$ ls -l sample
-rw-r--r--  1 hacker  staff  14 12  6 16:42 tmp1.txt
-rw-r--r--  1 hacker  staff  14 12  6 16:42 tmp2.txt

マニュアル

コマンドの詳細やオプションなどは環境により異なる場合がございます。
詳細はmanコマンドで確認しましょう。
manコマンドについては次の記事をご覧ください。