【PHP入門】文字列と出力について

プログラムの実行結果を表示する方法として文字列の出力があります。

ここでは文字列と出力について解説します。

文字列とは

文字列とは言葉の通り、文字を繋げたものです。

例えば、『Hellow World』や『こんにちは』などです。

文字列の記述方法

コードの文字列はシングルクォーテーション(‘)またはダブルクォーテーション(“)で囲んで記述します。

具体例を見てみましょう。

<?php
// シングルクォーテーションで囲んだ文字列
echo 'Hello World';
// ダブルクォーテーションで囲んだ文字列
echo "これも文字列だよ";
?>

シングルクォーテーションで囲んだ『Hello World』とダブルクォーてションで囲んだ『これも文字列だよ』がプログラムで文字列として認識されます。

このように文字列の記述はどこからどこまでが文字列かを明確にします。

なお、シングルクォーテーションとダブルクォーテーションは基本的には文字列として同じ動作をしますが、ダブルクォーテーションは『変数』と併用して使用することがあります。

違いについては変数の知識が必要になるため、説明を割愛させていただきます。

最初は単純に文字列を扱うだけなので、シングルクォーテーションを使用すると良いでしょう。

出力について

出力とはプログラムで処理した結果を書き出す(表示する)ことです。

PHPではechoと呼ばれる宣言文を使用すること文字列を表示することができます。

echoは上記の具体例でも登場しており、頻繁に使用するので覚えておきましょう。

特殊文字とエスケープシーケンスについて

文字列には、特殊文字と呼ばれる普通に記述しただけでは使えない文字があります。

例としては改行やタブ、ダブルクォーテーションなどです。

何故、使えないのかダブルクォーテーションを例に見てみましょう。

<?php
echo "これ→"はダブルクォーテーションです。";
?>

ダブルクォーテーションの文字列の中にダブルクォーテーションが入っているコードで、実行するとエラーになります。

問題点はダブルクォーテーションが3つあることです。それによって、プログラムは文字列の開始と終了がどの位置なのか判別ができなくなります。

しかし、プログラミングの中で文字列中にダブルクォーテーションのような特殊文字を使用したいケースは多々あります。

そこで使用するのがエスケープシーケンスと呼ばれる記述方法です。

これは特殊文字にバックスラッシュ(\)を付ける記述方法です。
※ Windowsでは円マーク(¥)をバックスラッシュの代わりに用いることがあります。

上記の例をエスケープシーケンスを用いると次のようになります。

<?php
echo "これ→\"はダブルクォーテーションです。";
?>

実行すると『これ→”はダブルクォーテーションです。』と表示されます。

エスケープシーケンスで記述した文字はプログラムでは文字列の1文字として扱われます。

そして、出力する際は、バックスラッシュ(もしくは円マーク)は外されます。

このようなエスケープシーケンスを用いる特殊文字は他にもあり、代表的な特殊文字は下記になります。

  • 改行 \n
  • タブ \t
  • シングルクォーテーション \’
  • ダブルクォーテーション \”
  • 括弧 \( \) \[ \]

なお、エスケープシーケンスはダブルクォーテーションの文字列のみに使用できます。

まとめ

本記事では文字列と出力について解説しました。

プログラムの実行結果は文字列で表示することが多いため、しっかりと身につけていきましょう。