【PHP】値の種類 – PHPで使えるリテラルを4種類解説

プログラミングは値を使って処理を行い、値は文字列や数値など種類があります。
ここでは初心者向けに値について解説します。

★ 内容

  • 値について
  • 値の種類
  • 整数値
  • 浮動小数点数値
  • 文字列値
  • 論理値

値とは

値とはプログラムで使用できる文字列や数値などの値そのもののことでリテラルとも呼びます。

値の種類

代表的な値は次の4つになります。

種類
整数値小数点数以下がない数値123
浮動小数点数値小数点数以下がある数値123.567
文字列値文字を並べたもの"Hello World"
論理値真偽を表すものtrue / false

整数値

整数値は算数や数学で学ぶ整数と同じで小数点数以下がない数値です。
ソースコードには整数値を数字で記述します。

サンプルコード

ソースコード

<?php

echo 123;

?>

実行結果

123

浮動小数点数値

浮動小数点数値は算数や数学で学ぶ小数点数とほぼ同じで小数点数以下がある数値です。
『ほぼ同じ』というのは厳密には異なる部分があり、浮動小数点数は浮動小数点方式と呼ばれる方式によって表現された数値です。

その方式を理解するにはコンピューターの知識が必要になりますので、ここでは小数点数と同じような扱いができることを覚えておきましょう。

サンプルコード

ソースコード

<?php

echo 123.567;

?>

実行結果

123.567

文字列値

文字列値は文字を並べた値です。
ソースコードにはシングルクオートまたはダブルクオートで囲んで記述します。

サンプルコード

ソースコード

<?php

echo 'Hello World';

?>

実行結果

Hello World

論理値

論理値とは真偽を表す値です。
真偽は正しいことを意味する正しくないことを意味するの2つの値があります。

プログラミング用語で真をtrue、偽をfalseと表現し、ソースコードではその単語を記述します。

サンプルコード

ソースコード

<?php

echo true;

echo false;

?>

実行結果

1

なお、echoの出力ではtrueは1、falseは何も出力されません。

演習問題

問題1

解答例

次の実行結果になるプログラムを作成してください。
なお、下記の条件を満たすものとします。

  • 整数値を出力

実行結果

987

問題2

解答例

次の実行結果になるプログラムを作成してください。
なお、下記の条件を満たすものとします。

  • 浮動小数点数値を出力

実行結果

987.543

問題3

解答例

次の実行結果になるプログラムを作成してください。
なお、下記の条件を満たすものとします。

  • 文字列を出力

実行結果

Good morning

問題4

解答例

次の実行結果になるプログラムを作成してください。
なお、下記の条件を満たすものとします。

  • 1は論理値の真を出力した結果

実行結果

1

まとめ

プログラムでは文字列値や整数値、浮動小数点値、論理値などのリテラルが使えます。
データを処理するプログラムでは基本となりますので、使えるようになっていきましょう。