【PHP】if文(条件分岐)- 条件によって処理を分岐させる

プログラムはソースコードに記述した順序に従って上から順に実行されますが、条件によって処理を分岐させることができます。

ここでは条件分岐のif文について解説します。

★ 目的

  • if文(条件分岐)を使えるようになる。

条件分岐とは

条件分岐とは、特定の条件に応じて処理を分岐させることです。

if文の構文

if文の構文は次のようになります。

if( 条件式 ) {
    // 条件式が真(true)の場合に実行する処理
}

if文の使用例

とあるお店のお会計で1000円以上購入した場合、5%OFFになるプログラムを例を見ていきましょう。

ソースコード

<?php

// お会計の金額
$price = 1200;

// 1,000円以上の場合は5%OFF
if( $price >= 1000 ) {
    $price = $price * 0.95;
}

// お会計金額の出力
echo 'お会計の合計金額は'.$price."円になります。\n"

?>

実行結果

お会計の合計金額は1140円になります。

$priceにお会計の金額が記憶されており、if文の条件式では$priceが1,000円以上かどうかを比較演算子を使用して判定しています。

比較演算をまだご存知でない方は、関連記事を合わせてご覧ください。

上記例では$priceが1,200円なので、if文の条件式はtrueとなり、括弧内の処理が実行されています。

もし、$priceが1,000円未満(700円など)の場合、条件式はfalseとなり括弧内の処理は実行されませんので、是非、ソースコードを変更して試してみてください。

まとめ

if文は特定の条件下でのみ処理を実行したい場合などに非常に強力な文法です。

そして、多く使われる文法なのでしっかりと身につけていきましょう。