ITHACK
~ みんなのIT部門 ~

フォルダとディレクトリの違い

IT用語に“フォルダ”と“ディレクトリ”があります。

どちらも同じような意味を持ちますが、どのように使い分けされるのでしょうか。

ここではフォルダとディレクトリとその違いについて解説します。

フォルダ

フォルダはファイル等を整理・分類するための概念です。

macOSではFinder、Windowsではエクスプローラーなどのファイルマネージャーで使われ、親しみのある方も多くいらっしゃると思います。

階層化が可能で、フォルダの中にフォルダを入れたりし、管理することができます。

ディレクトリ

ディレクトリもファイル等を整理・分類するための概念です。

フォルダと同じような意味の用語として、アプリケーションやシステム、Webサイトの開発で使われることの多い名称です。

こちらも階層化が可能で、ディレクトリの中にディレクトリを入れたりし、管理することができます。

フォルダとディレクトリの違い

“フォルダ”と“ディレクトリ”はIT関係では度々使われますが、どちらも同じモノを示しています。

そのため、用語としての違いは曖昧で、明確に定義することは難しいと考えられます。

それでは何故、同じモノに2つの名称があるのでしょうか。

その理由はOSによって“フォルダ”と“ディレクトリ”のどちらの言葉を採用しているかで変わると考えられています。

例えばmacOSやWindowsではフォルダ、CentOSではディレクトリなどです。

使い分け

上記のとおり、OSによって異なりますが、実際にはOSに関係なく混同して使われています。

一般的にはインターフェース(GUI・CUI)によって使い分けられる傾向にあります。

インターフェース 名称
GUI フォルダ
CUI ディレクトリ

例えば、MacOSでもFinder(GUI)を使う場合はフォルダと呼びますが、ターミナル(CUI)を使う場合はディレクトリと用語を使い分けます。

状況に適した用語

ここまで違いや使い分けについてご紹介しましたが、“フォルダ”と“ディレクトリ”はほぼ同じ意味なので、結局は相手に伝わりやすい用語を選択して使うことをオススメします。

例えば“ディレクトリ”という言葉はCUIをイメージさせやすく便利な言葉ですが、IT関係者でなければ聞き慣れない方も多くいるでしょう。

シチュエーションや相手、環境に応じて適切に使い分けていきましょう。