ITHACK
~ みんなのIT部門 ~

コマンドライン入門 – 起動〜基本コマンドまで解説 – ターミナル/コマンドプロンプト

コンピューターを操作する主な方法はGUI(Graphical User Interface)とCUI (Command-line User Interface)の2種類あります。

GUIはグラフィックスとポインティングデバイス(マウスやトラックパッド)などを使用する一般的な操作方法です。
対してCUIはキーボードからコマンドを入力して操作します。

CUIはプログラミング(開発)やネットワーク、サーバーなどで使う場面が多くあります。

ここでは超基本的なコマンドラインについてご紹介します。

  • コマンドライン

  • 基本コマンド(cd / ls,dir / cat)

コマンドラインとは

コマンドラインはキーボード入力でコンピューターを操作するための画面です。

ドラマや映画でハッカーが黒い画面で入力すると、カッコ良く文字が表示されるシーンを見たことがあると思いますが、あの画面がコマンドラインになります。

コマンドラインはコンピューターにデフォルトで入っていることが多く、その呼び名はOSにより異なります。

OS 呼び名
MacOS ターミナル
Windows コマンドプロンプト
Linux ターミナル

起動方法

コマンドラインの起動方法はOSにより異なります。

MacOS

  1. Finderを開く
  2. アプリケーションフォルダを開く
  3. ユーティリティフォルダを開く
  4. ターミナル.appを開く

Windows

  1. スタートメニューを開く
  2. 検索ボックスに『コマンドプロンプト』を入力する
  3. 検索結果のコマンドプロンプトを開く

画面の見方

初めて見る方は難しい画面に見えるかもしれませんが、基本的にはファイルマネージャーと同じと思っていただくと分かりやすくなります。
※ ファイルマネージャーはMacOSではFinder、Windowsではエクスプローラーです。

ファイルマネージャーを開くと規定のフォルダの場所から始まりますが、コマンドラインも同様で、起動直後はホームディレクトリと呼ばれる場所が開きます。

ホームディレクトリはユーザーフォルダに設定されていることが多く、試しに次のコマンドを入力しEnterキーを押してみてください。

ターミナル

$ pwd

コマンドプロンプト

> @cd

/Users/user_nameのような文字列が表示されると思います。
これはパスと呼ばれるフォルダまでの階層構造を示すもので、ファイルマネージャーの階層と一致しています。

実際にファイルマネージャーで一番上の階層から、表示されたパスの通りにフォルダを開くとホームディレクトリに辿り着きます。

そして、他のコマンドを使うことで、フォルダを移動したり、フォルダ内のファイルを表示したり、ファイルの内容を表示したりすることができます。

なお、コマンドラインではフォルダのことをディレクトリと呼び(厳密には異なりますが、)、以降は用語をディレクトリで統一します。

基本コマンド

コマンドラインでコンピューターを操作するにはコマンドを入力します。
コマンドは多くの種類がありますが、ここでは超基本コマンドを3つご紹介します。

ls / dir - ディレクトリの内容を表示する

コマンドラインは基本的に常に1つのディレクトリに滞在します。
この滞在しているディレクトリをカレントディレクトリと呼び、コマンドはカレントディレクトリを起点に実行します。

ls/dirコマンドはパスで指定したディレクトリの内容を表示するコマンドです。
※ ディレクトリパスには絶対パスと相対パスがありますが、説明を割愛します。

なお、ls/dirとしているのはMacOSはls、Windowsはdirとなるためです。

ターミナル

$ ls ディレクトリパス

コマンドプロンプト

> dir ディレクトリパス

ディレクトリパスを指定しない場合はカレントディレクトリの内容を表示します。

cd - カレントディレクトリを変更する

cdコマンドはカレントディレクトリを変更します。
ファイルマネージャーで別フォルダを開くイメージです。

使い方はcdに続いてパスを指定します。

$ cd ディレクトリパス

例えばカレントディレクトリの中にあるtestというディレクトリがある場合、次のようになります。

$ cd test

実行後、コマンドライン入力欄の左側の文字がtestに変わっていれば成功です。
※ 左側の文字が滞在するカレントディレクトリになります。

また、1つ上の階層に移動する場合は、ディレクトリパスの部分にドット(.)を2つ記述します。

$ cd ..

cat - ファイルの内容を表示する

catコマンドはファイルの内容を表示します。

使い方は次のようにcatに続いてファイルパスを指定します。

$ cat ファイルパス

例えば、カレントディレクトリにあるsample.txt(テキストファイル)の内容を表示する場合、次のようになります。

$ cat sample.txt

まとめ

コマンドラインはコンピューターをキーボード入力で操作する画面です。
3つコマンドを紹介しましたが、他にも多くの種類があり、新しいコマンドをインストールすることもできます。

アプリケーション開発やネットワーク、サーバーを使ったエンジニアには必須の知識となりますので覚えていきましょう。