【PHP入門】プログラム(ソースコード)の作成と実行について

プログラムを作成するには人間とコンピュータが理解できる言葉で処理を書いたソースコードと呼ばれるファイルを作成する必要があります。

難しいイメージをされる方が多いと思いますが、ソースコードの実態はただのテキストファイル(拡張子が.txtや.htmlのファイルと同じ)で誰でも簡単に作成することができます。

ここではPHPのプログラム(ソースコード)の作成方法とその実行について解説します。

1. プログラム(ソースコード)の作成方法

プログラミングでは『プログラム』と『ソースコード』という言葉をよく使います。

プログラムとはコンピュータが実行するためのファイルやデータのことを指し、人間が理解するには難しい内容になっているため、それ自体を人間が作ることは非常に難しくあります。

そのため、プログラムを作成するときはソースコードと呼ばれる、人間とコンピュータが理解できる言語で書かれたファイルを作成します。

PHPではソースコードを実行することで、コンピュータが自動でプログラムへ変換し、そのプログラムに従って処理を行なってくれます。

よってソースコードの作成方法を解説していきます。

(1.1) ファイルを作成する

冒頭で説明した通り、ソースコードはただのテキストファイルなので、テキストエディタを使用して作成することができます。

新規ファイルを作成し、sample.phpと名付け保存します。

ポイントは拡張子をphpにすることです。そうすることで、コンピュータはそのファイルをPHPのソースコードと認識します。

なお、sampleの部分は好きなように名付けてよいですが、半角のアルファベット、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみを使用することをおすすめします。(日本語や記号は環境によって動作しないことがあるため。)

(1.2) PHPタグの記述

作成したソースコードをテキストエディタで開き、下記のように記述してください。

<?php

?>

『<?php』と『?>』はPHPタグと呼ばれ、この間に記述されたものがPHPのソースコードとしてコンピュータに認識されます。

例えば、「Hello World!」と出力するプログラムにするには下記のようにします。

<?php

echo 'Hello World!';

?>

こうすることで、『echo ‘Hello World!’;』はPHPのプログラムと認識されます。このプログラムの意味については別の記事で解説しますのでここでは理解しなくても大丈夫です。

とりあえず、上記のように記述してみましょう。

以上がソースコードの作成方法になります。

やってみると思ってたより簡単だったのではないでしょうか。

2. プログラム(ソースコード)の実行

作成したソースコードを実行するとコンピュータが自動で、ソースコードをプログラムに変換し、処理を行います。

実行は様々な方法がありますが、ここでは一番ベーシックかつ基本なコマンドラインを使用して実行します。

コマンドラインとはMacOSではターミナル、Windowsではコマンドプロンプトと呼ばれることが多く、キーボードでコマンドを入力しパソコンを操作する画面になります。

なお、ここでは最低限のコマンド(cdコマンド – ディレクトリ移動)はご存知のものとしますが、下記記事にて解説していますので、初めての方はご覧ください。

1. コマンドラインを起動する

コマンドラインを起動しましょう。MacOSではアプリケーション検索から、Windowsでは『ファイル名を指定して実行』から探し、起動することができます。

2. 対象のディレクトリへ移動

cdコマンドを使用して、ソースコード(sample.php)のあるディレクトリまで移動してください。

例えば、デスクトップに保存した場合は以下のようになります。
※ パソコンの環境やユーザーにより変わります。

cd /Users/developer/Desktop

3. ソースコードを実行する

ソースコードを実行するにはphpのあとにソースコードのファイル名を指定してEnterを入力します。

例えば、上記で作成したsample.phpを実行する場合は、下記のようにコマンドラインで入力します。

php sample.php

『Hello World!』と表示されていれば、正常に実行できています。

もし、表示されない場合は、プログラムが正しく記述できていない可能性があるので、ソースコードを見直してみてください。

まとめ

以上がプログラム(ソースコード)の作成と実行になります。

簡単なプログラムのみで、イメージするようなものとは異なったかもしれませんが、ここでは解説していない変数やif文、for文、関数やクラスなどを学ぶことで、もっとプログラミングちっくなソースコードになっていきます。

他の記事で解説するので、是非ご覧いただけますと幸いです。