【PHP入門】変数について

プログラミングにおいて変数は必須レベルの知識です。

変数を知ることで、幅広くより柔軟で多様なプログラムを作成できるようになります。

変数とは

変数とはデータを記憶する箱です。

文字列や数値などのデータを記憶することができ、ソースコードで使用します。

変数の利用方法

変数を使う流れは以下になります。

  1. 変数を宣言する
  2. 変数にデータを代入する
  3. 処理で利用する

文章だと伝わりづらいと思うので、さっそくコードを見てみましょう。

<?php
// 1. 変数を宣言する
$name;
// 2. 変数にデータを代入する
$name = 'Tanaka';
// 3. 処理で利用する
echo $name;
?>

このコードをコマンドラインで実行すると『Tanaka』と表示されます。

変数の利用について1つずつ解説します。

1. 変数を宣言する

まず『変数』の部分は$nameのような$が頭に付いた部分です。

nameの部分は変数名と呼び、自由につけることができます。
※ 変数名に使用できる文字はアルファベット(大文字小文字)、アンダーバー(_)、数字です。
※ 変数名の先頭文字に数字は使用できません。

変数を使う際は$に続けて変数名を記述します。これを変数の宣言と呼びます。

2. 変数にデータを代入する

変数を宣言したら、データ(文字列や数値など)を代入していきます。

代入する記述方法は『変数 = データ;』です。

このイコール(=)は代入演算子と呼ばれ、左辺に変数、右辺にデータを記述します。

上記コードでは$nameという変数にTanakaという文字列を代入しているため、$nameという箱にTanakaという文字列が記憶されます。

3. 処理で利用する

変数は宣言した以降のプログラムで利用することができます。

上記コードでは、echo $nameの部分です。

文字列を出力するechoの後に$nameが記述されています。

echoは『$name』と出力するのではなく、変数に記憶されたデータを取り出して表示します。

このように、変数は記憶したデータを記憶し、処理に応じて利用します。

変数の初期化について

上記例では、変数の宣言とデータの代入を分けて2行で記述しましたが、1行でまとめて記述することも可能です。

具体的には下記のようなコードになります。

<?php
// 変数の宣言と代入を1行にまとめた記述
$name = 'Tanaka';
?>

このように変数の宣言と同時に代入を行うことを変数の初期化と呼びます。

NULLについて

変数を初期化しない場合、変数にはNULLと呼ばれるデータが入ります。

NULLとは「データがないこと」を示すデータです。

変数に任意的にNULLを代入することも可能です。

<?php
// NULLを変数に代入します。
$name = NULL;
?>

しかし、一般的には変数は何かデータを記憶するために宣言すること、NULLはエラーの原因となることから、初期化することが望ましいです。

まとめ

今回は変数について解説しました。

変数には文字列や数値などデータを記憶する役割があります。

これにより、ユーザーが入力したデータに基づいた処理を行ったりなど柔軟なプログラムが作成できるようになります。

是非、使いこなせるようになっていきましょう。