【PHP入門】プログラムの記述ルール(+コメントアウト)

プログラムの記述にはルールがあります。

人間の言語と同じで、『日本語の文末には句点(。)をつける』のようなルールです。

ここでは、PHPの基本的な記述ルールを解説します。

文末について

PHPの文の最後にはセミコロン(;)を付けます。

具体的には下記ソースコードのように文末にセミコロンを付けます。

<?php
echo 'Hello World';
?>

これはコマンドラインで実行すると『Hello World』と表示するソースコードです。

echoは後ろにシングルクォーテーションで囲んだ文字列を実行した際に出力する記述になります。

そして最後はセミコロンを付けて文の最後ということを示してあげます。

複数行ある場合も同様で、下記のように必ずセミコロンを付けます。

<?php
echo 'Hello World';
echo 'Today is rainy';
echo 'It's a pleasant air';
?>

初心者はセミコロンを忘れやすいので、実行時にエラーになった際は確認してみると良いでしょう。

コメントアウトについて

ソースコードは量が多くなってくると、どこのコードが何をしているかわかりづらくなってきます。

自分で作成したコードですら分からなくなることがありますが、他の人が作成したソースコードは更に読むのが難しくなります。

そのため、人間の言語でソースコード中にコメントを記載し、どこのコードが何をしているかを示すのがお作法となっています。

なお、コメントのことをコメントアウトとも呼び、コメントが1行なのか、複数行なのかで記述方法がことなります。

1行の場合はスラッシュ2つ(//)の後ろにコメントを記述し、複数行の場合は/*と*/で囲んで記述します。

下記の例を見てみましょう。

// 『こんにちは 世界』を英語で表示する
echo 'Hello World';
/*
『今日は雨です。心地よい風です。』
を英語で表示する。
*/
echo 'Today is rainy';
echo 'It's a pleasant air';

このように記述することで、実行時にコメント部分が認識されるため、エラーなく実行できます。

そして、開発者がみた時に、どこのコードは何をしているのかがわかりやすくなるためコメントはとても重要な役割を果たします。

まとめ

PHPの記述ルールについて解説しました。

簡単な部分にはなりますが、1つ記述を間違えるだけで上手く動かなくなることがあるので、しっかりと覚えておきましょう。

また、コメントはなくてもソースコードの作成はできますが、プログラミングにとってとても重要な部分になります。何のためのソースコードを書いているのか、どんな動作を想定しているかなど、自身のプログラミングの手助けにもなりますので、普段からコメントを記述することをおすすめします。