【PHP入門】論理値と比較演算子について

ここでは論理値と比較演算子について解説します。

論理値とは

論理値とは真偽を表すデータのことです。

PHPでは論理値型(boolean)として扱われ、値としては真はtrue、偽はfalseと記述します。

実際のコードで確認してみましょう。

ソースコード

<?php

// 論理値の真(true)
$logical1 = true;
var_dump($logical1);

// 論理値の偽(false)
$logical2 = false;
var_dump($logical2);

?>

実行結果

bool(true)
bool(false)

var_dumpは括弧内に記述した変数などの型やデータ、構造を出力する関数です。関数をご存知でない場合、ここでは記述方法を覚えておきましょう。

比較演算子とは

比較演算子とは2つのデータを比較し、その結果を真偽で返すもののことです。

例えば、変数$xに10というデータが記憶されている場合、『$xは10であるか』や『$xは3より大きいか』などの判定を行い真偽の結果を変えします。

PHPで使用できる比較演算子は下記です。

比較演算子意味記述例
==値が等しい$x == 10
===値と型が等しい$x === 10
!=値が等しくない$x != 10
<>値が等しくない$x <> 10
!==値または方が等しくない$x !== 10
<値の大小関係(左の値が右の値より小さい)$x < 10
>値の大小関係(左の値が右の値より大きい)$x > 10
<=値の大小関係(左の値が右の値以下)$x <= 10
>=値の大小関係(左の値が右の値以上)$x >= 10

比較演算子の基本構文

比較演算子を使用した記述は下記のようになります。

左オペランド 比較演算子 右オペランド

意味は左オペランドと右オペランドの値が比較演算子で示す関係性であるかどうかを判定します。

例えば、変数$xに入っているデータが10かどうかを判定する場合、『等しい』を意味する比較演算子==を使用します。

実際に例で確認しましょう。

ソースコード

<?php

$x = 10;
var_dump( $x == 10 );

?>

実行結果

bool(true)

4行目で比較演算子を使用して、$xのデータが10と等しいかを判定しています。

実際に$xには10が記憶されているため、正しいという判定になりtrueが返されます。

逆に$xが10でない場合の例を見てみましょう。

ソースコード

<?php

$x = 3;
var_dump( $x == 10 );

?>

実行結果

bool(false)

結果はfalseになっています。

このように他の演算子についても同じように記述することで、式があっているかどうかの判定を行うことができます。

まとめ

論理値は真偽を表すデータで、論理演算子は2つのデータを比較するために用いられる演算子です。

これらはプログラミングの知識で必要不可欠となっており、条件分岐や反復処理で使用されるので、しっかりと覚えていきましょう。