NeoBundleからjedi-vimに引っ越し【Vimプラグインマネージャ】

今回は久しぶりにVimの話です。今回の記事はVimがどんなものか知っていてある程度、触っている方に向けた記事になります。

私は最近LinuxのVimでPythonプログラムを書く機会が多いのですが、そのままのVimではIDEのように補完機能や予測などは基本的にしてくれません。あくまで、ただのエディタでしかないのです。とはいえVimには様々なプラグインが用意されているのでそれらを追加することで、自分専用のカスタムエディタに仕上げることが可能なのです。

ということで、記事の内容としては

  • Vimのプラグインマネージャのインストール
  • Python補完をしてくれるVim用プラグインを追加
  • .vimrcの編集
  • .vimrcをgithubで管理

この辺の内容を書いていこうかと思います。

※Vimは既にインストールされているものとして話を進めます

Vimプラグインマネージャのインストール

現在Vimのプラグインの管理はプラグインマネージャを使用するのが一般的です。実は少し前まではVimのプラグインマネージャといえば「NeoBundle」!みたいな感じだったのですがNeoBundleは既に開発が終わっています。これからは「dein.vim」が後継としてあるので、こちらを使用していきます。

開発者であるShougoさんのgithubにdein.vimがあるのでこちらの説明通りにインストールを進めていきます。

dein.vim - :zap: Dark powered Vim/Neovim plugin manager

ちなみに、説明の雛形にある「specify the installation directory」の部分ですが自分でインストールするディレクトリ名を記載してください。どこにインストールしていいか分からない方は「~/.vim/dein」が一般的なのでこれでいいかなと思います。

ということでインストールは以下のように進めて行きます。

.vimrcの編集

続いては.vimrcファイルを編集していきます。Linuxでは設定などを記載するファイルとしてdotfileというものが用意されています。ホームディレクトリで「ls -a」と打つと通常では見えない.XXXといったdotfileが表示されます。この中に.vimrcファイルがあるのでこれを編集します。

これも用意されている雛形を参考に編集していくだけです。雛形の編集する部分はこの部分です。

Python補完プラグイン「jedi-vim」をインストール

今回はPython用の補完プラグインにjedi-vimを使用するので「call dein#add(‘devidhalter/jedi-vim’)」を追記してやります。他にもタブでの選択などをするする為に少しプラグインと設定を追加しています。

結果、以下のような.vimrcファイルが出来上がります。

プラグインのインストール確認

うまくインストールと設定がかけていればvimを起動した際に自動的にプラグインがVimにインストールされます。実際にVimに「jedi-vim」がインストールされているか確認するためにVimを立ち上げて「:help jedi-vim」とコマンドを打ってみます。

この画面が出れば成功です。

スポンサードリンク

Githubで.vimrcファイルを管理

さて、続いて.vimrcファイルを編集してプラグインを追加することができる事が出来ました。この先も自分好みのプラグインや設定を.vimrcに書いていけばいいのですが、例えば別の端末や出先のPCなどでも同様のVim設定にしたい場合ってよくありますよね。そんな時の為にVimをカスタマイズしている方は大方githubで設定ファイルを管理しています。githubはプログラムとかファイルの更新管理などをするクラウドみたいな感じです。gitやgithubの説明はカットします。ご自身で調べてください。

.vimrcの移動

やり方は簡単です。まずはホームディレクトリにdotfilesフォルダを作成します。フォルダ名は何でも構いませんが…

続いて.vimrcなどの設定ファイルを作成したdotfilesに移動します。.vimrcしか移動させていませんが、実際はその他の設定ファイルなども必要に応じて追加していってください。

シンボリックリンクを貼る

dotfilesディレクトリに移動しシンボリックリンクを貼ってやります。.vimrcファイルを参照できるようにするリンクです。

ローカルリポジトリを作成とインデックスに追加

コミットする

インデックスの中身を確認する。

インデックスをコミットする。

リモートリポジトリにプッシュする

git remote add origin ‘自分のgiuhub URL’ でoriginを設定しリモートリポジトリpushして終了になります。pushコマンドの後に自分のアカウント名とパスワードが聞かれるのでそれらを打てば終了です。

無事にGithubに設定ファイルがPushされました。

最後に

最後になりますがjedi-vimはNeoBundleと比べて高速だし、NeoBundleはバグ取りしかしないようなので、これからVim弄りやプラグイン管理するならjedi-vimを入れた方が良いと思います。あとTOML言語を使ってもう少し細かく弄りたいと思ったので、またいつかその辺の記事も書ければ書こうかと思います。

スポンサードリンク