Raspberry Piで音声認識システムを使ったホームオートメーション化計画 その0【システム構想】

こんにちは、IT-HackのTobitaです。

私はRaspberry Pi歴で言えばもう3年くらい経つのですが、ふとRaspberry Piの記事は書いたこと無いなと思ったので今回はRaspberry Piを題材に記事を書いていこうと思います。

と言っても、そんなに簡単な事をやっても面白くないのでホームオートメーションを実現しようと思いました。それも音声認識による操作を前提に。とは言っても過去に似たようなことをやっているのでサクサク出来るかなと思っています。

という訳で

今回からこの「Raspberry Piで音声認識システムを使ったホームオートメーション化計画」をシリーズ化して今後、数回に別けて記事を書いていこうと思います。

初心者の方にも分かりやすいようにできるだけ丁寧に仕上げるつもりなのでよろしくお願いします。

システム構想

スポンサードリンク

今考えている構想はこんな感じです。

音声合成ソフト

Open JTalkもしくはAques Talkを使用。どちらも無料のソフトウェアなのですが、Open JTalkは英単語の読み上げに弱い….Aques TalkはOpen JTalkと比較すると合成音声がやや劣る。

音声認識ソフト

音声認識ソフトにはJulius。こちらもRaspberry Piでは有名な無料の音声認識ソフトですね。他にもDocomoAPIなどもありますが、無料では期間が短いのでJuliusを選択。

赤外線リモコン

赤外線リモコンには大宮技研のirMagicianを使用したいと思います。Raspberry PiにはGPIOピンが標準で搭載されているので自分で赤外線送受信モジュールなどを用意して工作する手もありますが、今回は面倒だったので既製品を用います。

プログラミング言語

プログラムはPython3で作成していきます。様々な機能を搭載したり、irMagicianでバイナリデータを弄る際のプログラムなどに使用します。

シリーズ一覧

シリーズの第1弾

Raspberry PiにOSをインストールし、基本設定からSSHの設定までを記事にしています。

Raspberry Piで音声認識システムを使ったホームオートメーション化計画 その1【Raspberry Pi設定 編】
今回が第1弾の記事です。今回はRaspberry PiにOSをインストールし、基本設定からSSHの設定までです。第0弾では今回の企画の構想やシリーズをまとめていますので一緒にどうぞ ...

シリーズの第2弾

現在、作成中….

スポンサードリンク