BD/DVD変換,書き込み,コピーがAll in Oneになったソフト【Leawo Prof. Media】をレビュー

今回はLeawoソフトウェアさんからレビュー依頼を受けましたのでそちらのレビューをしていきたいと思います。しかし依頼だからといって褒めちぎるといったことはしません。予めLeawoさんにも良い点だけでなく悪い点もレビューさせて頂きます。と了解を得ているので率直なレビューをしていきます。

Leawo Prof.Media

今回紹介するソフトウェアは【Leawo Prof. Mediaです。

どんなソフトかをめちゃくちゃ大雑把に説明するとBlu-rayやDVDを作成コピーする為の機能をAll in Oneにしたようなソフトです。これだけでは分かりにくいと思うのでLeawo Prof.Mediaが持っている機能を紹介していきます。

これが立ち上げた時の初期画面ですが、ここにある機能がProf.Mediaの機能になります。

  • Blu-ray変換
  • Blu-rayコピー
  • Blu-ray作成
  • DVD変換
  • DVDコピー
  • DVD作成
  • HD動画変換プロ
  • Youtubeダウンロード

と、この8つが主な機能となります。それではここからそれぞれの機能をより細かく紹介していきたいと思います。

BD/DVD変換

変換もかなり直感的に出来ると思います。変換タブに移動して変換したい動画ファイルをドラッグ&ドロップしてあげるだけです。

動画の編集

変換する段階で動画編集することが可能です。基本操作は全て揃っています。トリム、透かし、切り抜き、効果、3Dという操作があります。

フォーマット変更

変換したい動画を決めたら次はフォーマットを決めていきます。この段階でDVDにするかBDにするかを決定します。

初期ではMP4 Videoとなっているので、この部分を変更していきます。下にある変更ボタンをクリックするとフォーマット一覧が表示されます。

これがフォーマット一覧になります。これらの中から好きなフォーマットを選択することでそのフォーマット形式に動画を変換することが可能です。一応、一通りのフォーマットは用意されているようなので困ることは無いでしょう。

その他Audioフォーマットや4K Videoのフォーマットも用意されているので動画を4Kに変換なんてことも可能のようです。

4Kのフォーマット

それから少し面白いなと思ったのは端末別という項目です。ここではスマートフォンやタブレットといった端末から適した動画フォーマットを選択してくれるようです。iPhoneは6まで用意されていますし、若干端末が古いもののSonyやSamusugといった有名なメーカ端末も用意されています。

プロファイル編集

また、プロファイルが気に入らなければ自分で編集することも可能なようです。映像コーデックや解像度ビットレートなど自分で編集したものに変換という項目もありました。

変換する速度はフォーマットやPCのスペックによる所があるので、なんとも言えませんがスムーズに変換することが出来ました。

スポンサードリンク

書き込み

書き込み機能も変換同様に書き込み動画なり、先程変換した動画を追加してあげます。

テンプレートの追加

右半分にはテンプレート一覧が並んでいます。BD/DVDの最初のメニュー画面ですね。これらを選択して追加することで簡単にメニュー画面を作成出来ます。初期セットで足らない場合はオンライン追加で新しいテンプレートをDLすることも可能みたいdす。ざっと見た感じ結構、豊富に揃っていました。

追加した様子がこんな感じ。特に何もいじっていませんがそこそこのテンプレートが用意されていて嬉しいです。

BD/DVDのコピー

コピー機能については特に詳しく書くことも無かったので詳しく書きません。ディスクやファイル,ISOファイルを選択してコピーするといった形です。

Youtubeのダウンロード

最後の機能はYoutubeのダウンロードです。ダウンロードタブに移動すると独自のブラウザが起動します。デフォルトではYoutubeが表示されますが、他の動画サイトに移動することも可能です。

ダウンロードが確認出来た動画サイトは以下の通りです。一応、国内外の大手無料動画サイトはダウンロード可能なようです。

これ以外にもダウンロード可能な動画サイトがあるかもしれまんが確認しておりませんのでご自身で試してみてください。

ダウンロード形式

ダウンロード可能な動画が存在する場合、右のタブから好きな形式の動画を選択することでダウンロード出来ます。

動画の解像度、ファイル形式、音声only等から好きなものを選択可能です。解像度は144pから1080pまで(動画による)、形式はmp4、3gp,webmから選べます。

ファイル形式が決まったらワンタッチでダウンロード出来ます。ダウンロード速度は高速ではありませんが、ストレス無くダウンロード出来ました。

使ってみた感想

さて、ここまで簡単ではありますがLeawo Prof.Mediaの使い方と機能を紹介してきました。ここからは良い点,悪い点,感想という3項目でレビューしていきたいと思います。

良い点

・良い点は何と言ってもシンプルで使いやすいUIとAll in Oneの動画編集機能かと思います。使っていて思ったのはUIが凄くシンプルなので困ることが無いということです。BD/DVDのコピーや作成ソフトは世の中に多く存在しますが、どれも機能が複雑で扱いづらいソフトが多い。そんな中Leawo Prof.Mediaは初心者でもとっつきやすいと感じました。

・それからBD/DVDのコピー、作成、動画変換、YoutubeのDLとこれらの機能が一つのソフトに入っているのも良いところかな。普通はそれぞれ別々のソフトで実現することが多いですが、Leawo Prof.Mediaを使用すれば一つで事足ります。

悪い点

・ということで悪い点も遠慮なく書いていきます。まずはYoutubeのダウンロード機能から項目5.1で紹介したダウンロード形式です。確かに様々な動画形式が表示されますが、まぁ見づらい…一応、解像度の順番で並んではいるのですがファイル形式のせいで順番も変になっているので非常に見づらい。せっかくUIが綺麗なのでこの辺の細かいところも作ってほしかった。それから、これは致命的でしたがダウンロードした動画によって音声が入っていたり、入っていなかったりということがありました。形式も解像度も調べましたが、ランダムだったのでこれはよく分かりませんでした。Youtubeのダウンロードには他のソフト使おうかなと思いました。

・二つ目の悪い点は価格ですね。2017年4月現在、Leawo Prof.Mediaの年間使用料が税込み19730円、永続使用料が30855円となっています。ソフトウェアとしては決して安いとは言えない価格ですね。一般ユーザにこの価格はちょっと厳しいのかなと思いました。

感想

全体的にソフトウェア自体は良いかなと思いました。UIも見やすいので操作が簡単でしたし、それぞれの機能も一般ユーザでは必要十分の機能は備わっていました。値段はそこそこしますので万人にお勧めは出来ませんが、動画の編集やBD/DVD作成を普段から多くする方はいいソフトかなと思いました。

紹介しきれなかった機能もまだまだあるので気になった方はこちらからチェックしてみてください。

スポンサードリンク