HHKBにもピッタリ!Filco ウッドパームレスト

突然ですがタイピングする時にパームレストって使ってますか?長い時間タイピングするPGの方やライターの方は比較的使ってる人も多いかもしれませんが一般の人はあまり使わないですよね。もちろん使わなくてもタイピング出来ますがパームレストを使った方が打ちやすかったり疲労が溜まりにくいなどメリットがあります!

これまでは安いパームレストを使っていましたが丁度ヨドバシのポイントも余っていたということでFilcoのウッドパームレストを買ってきました!

モデル比較

モデルウッドパームレストSウッド パームレスト
メーカーダイヤテックバード電子
サイズ300×81×20mm294×66×13.5mm
重さ約185g115g
木材タモ材くるみ材
価格約3500円約5500円

実はHHKB専用のウッドパームレストもバード電子より発売されております。しかし値段が少々高めです。パームレストにそこまでお金をかけたくは無かったので私は選択しませんでした。それからHHKB専用のパームレストは家電量販店などではまず見かけません。ネット通販等で買うしか無いですね。

Filcoのウッドパームレストはフルサイズキーボード用のL、ミドルサイズ用のM、コンパクトキーボード用のSの3モデル展開になっており自分のキーボードサイズに合わせる事が出来ます。HHKBに合わせたい方はSサイズを選んでください。

外観

こちらがウッドパームレストです。このパームレストは家具などでも使われるタモという天然木材を使用して作られています。ですから木目や色に個体差が出るようです。触った感じ質感も高く木独特のサラサラとしか触り心地も気に入っています。

ゴム足にはPORONというクッション材を採用しており滑り止めと高いクッション性を実現しているようです。このゴム足は粘着させて固定する物ではなくあくまで滑りにくくするという役割を果たしています。

ゴム足を取り付けた様子がこちらです。間にある三本の線に見えるものは切り込みです。木製なので環境などによって歪み等が生じる可能性があります、その歪みを防ぐ役割があると思われるのがこの切込みです。

スポンサードリンク

パームレストを横から見た様子がこんな感じ。手首の方向にかけて緩やかにカーブしています。この角度があるおかげで手首に負担がかからず自然に手を置くことが出来ます。

HHKBとパームレスト

使用するキーボードは愛用のHHKBです!Filcoと言えばmajestouchを初めとしたメカニカルキーボードで有名なメーカーですがこのパームレストはサイズ的にもHHKBにピッタリ合います!

HHKBと一緒に使うとこのような感じになります。SサイズはHHKBとほぼほぼピッタリなサイズ感です。実は両サイド数ミリ程度ずれていますが全く気になりません。(使用モデル HHKB Pro2 US配列)

HHKBとパームレストを横から見ると若干パームレストの方が高く見えますがタイピングしていて問題は全くありません。ゴム足を取り付けなければ高さもバッチリ合うかもしれません。

引きでももう一枚。HHKBは足を位置段階上げて撮影しています。ちなみにHHKB専用のパームレストも売っていますが、こちらのサイズは高さが13.5mm、今回買ったFilcoパームレストは高さ20mmとなっているのでやはり若干高いですね。

パームレスト効果

パームレスト無し

パームレスト有り

注目していただきたいのは手の甲から手首へかけての角度ですね。パームレストを使用していない状態では手首へかけて角度が大きくなっています。この状態でタイピングをし続けると腱鞘炎になってしまったり手へ大きな負担をかけてしまいます。パームレストを使用するとこの問題が解決されるだけでなくホームポジションが安定しやすくなりタイピング精度や速度の向上が見込めます!是非、多くタイピングをする方はパームレストの購入を検討してみてください。そしてHHKBの方は是非このFilcoのウッドパームレストをどうぞ!

キーボード1つで全てが変わる!高級キーボード「HHKB」レビュー
私は、普段使用しているキーボードはHHKBです。HHKBというキーボードはHappy Hacking Keyboardの略称でPFUという会社が発売している静電容量無接...

スポンサードリンク