Galaxy持ちなら絶対に買うべき!新型Gear VRは更に質感が向上

今回はGearVR2016年モデルを購入したので簡単なレビューと使用した感想を記事にしたいと思います。

新型GearVRとの比較

モデルGear VR新型Gear VR  
カラーFrost WhiteBlue Black
高さ92.6mm98.6mm
201.9mm207.8mm
暑さ116.4mm122.5mm
重量約318g約345g
センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー
視野角96°101°
対応デバイスGalaxy S7/S7 edge
Galaxy S6/S6 edge
Galaxy S7/S7 edge
Galaxy S6/S6 edge
Galaxy Note7

梱包物

まずはGearVR本体です。2016年新モデルはデザインに大きな変化はありませんがカラーがオールブラックになり格好良くなったと思います。全体はマットブラックなので指紋も目立ちにくく質感は十分といった感じ!

梱包物は至ってシンプルです。GearVR本体とヘッドバンド、変換端子、説明書となっています。変換端子はMicroUSBコネクタとUSB Type-Cコネクタが付属しています、通常はMicroUSBコネクタを使用しますが、この先Type-Cの機種が発売されても対応することが可能になっています。上で写っている説明書が日本語でないのは並行輸入品であるためです。通常日本で購入したモデルは日本語の説明書が入っていますので安心してください。

外観

上から見た様子です。本体上部にダイヤルが付いているのが見て取れると思います。このダイヤルを回すことでレンズとスマホ本体の距離を調節し、微妙なピントを合わせることが出来ます。

右側面のデザインです。右側面では様々な操作を行います。上にBackキーとHomeキーが2つ、その下部にある四角の枠はタッチパッドになっておりタップや上下左右の選択が可能になっています。初代GearVRと較べてタッチパッドのデザインが若干異なっています。

右側面には更にボリューム調整の物理キーが付いているのでここで音量を自由に調整する事が可能になっています。それからヘッドホンジャックは塞がれませんので手持ちのイヤホン、ヘッドホンなどを使用することが可能!

左側面は特に何も付いていません。GearVRのロゴとOculusマークが刻印されています。Oculusという印字があるとなんだか格好良く見えます。

スポンサードリンク

本体下部がこちらになります。下部にはMicroUSBのポートが存在します。このポートは給電ポートになっておりお持ちのMicroUSBケーブルを接続することで本体のバッデリーを消費することなくVRを楽しむ事が出来ます。

ここに顔をはめることになります。レンズとレンズの間に光度センサが搭載されています。このセンサで光を感知し被っている状態と被っていない状態を判定しています。被るとスマホ本体の電源が付き、脱ぐと自動で電源が切れるという使用にになっています。

それからOculus Riftなどではレンズの左右幅を自由に調整することが出来ますが、GearVRに関してはレンズの幅を調節出来ません。また、メガネを装着した状態での装着は不可能ではありませんが、かなり難しいです。メガネを必要とする方は注意が必要かもしれません。

手前のカバーを外すとこのようになります。ここにお持ちのGalaxyを装着して使用します。左がスマホとの接続コネクタ、右が支えるためのフックになっています。

現在はMicroUSBコネクタを装着していますが、このコネクタは脱着可能になっています。MicroUSBコネクタ以外にUSB Type-Cの交換コネクタが付属しています。実はUSB Type-Cに関しては必要ないコネクタになってしまったのですが理由は後ほど説明します。

接続コネクタは左右に動かすことが可能になっており、AとBを切り替えることでサイズの違うGalaxyに対応する事が可能になっています。Galaxy S6とS7ではサイズが異なる為お持ちのスマホに応じて調節する必要があります。

本体を装着した様子がこんな感じです。初代GearVRは無駄なカバーが付いておりスマホの上からカバーを装着出来ましたが、新型ではカバーを装着することは出来ません。スマホむき出しの状態で使用することになります。しかし、初代にあったカバーは何の役割も果たしておらず、更に排熱の邪魔になっていたのでこの形で十分なのです。

GearVR対応機種について

新型GearVRは旧型と比較して大きさや視野角など様々変更がなされましたが、その一つに対応機種が増えたという点もありました。接続コネクタがMicroUSB以外にUSB Type-Cが用意されています。実はType-Cが使えるGalaxyシリーズのスマホは今現在存在しません!本当は存在していたのですがその機種は現在、製造・販売中になっています。それがGalaxy Note7です。このGalaxy Note7は発熱・爆発など問題が長く生じ現在は特殊なアップデートにより正常に起動することが出来ないスマホになってしまいました。

結果として新型は対応機種を増やしたつもりが、旧型と同じ数になってしまいました。GearVRの公式サイトの対応機種一覧からもNote7の文字は消されています。

それでも今後、Type-Cコネクタ搭載の機種は発売されると思いますのでこの先の機種にも対応可能だと考えるといいことかと思います!

スポンサードリンク