Linuxディストリビューションどれを使えばいいの?目的に応じて選ぶLinux!

今回はLinuxディストリビューションについて書きたいと思います!

あくまで初心者向けに書くのでLinuxが得意な方やある程度知っている方にはあまり有益な情報は無いかと思いますのでご了承下さい。

Linuxを勉強しようとしても結構難しい言葉が出てきて取っ付きにくいですよね。私も最初は何も分からない所から始まってちんぷんかんぷんでした。ですから初心者の方でも出来るだけ分かりやすいように書きたいと思います。

Linuxって何?

さて、まずはLinuxについて少し書きたいと思います。

Linuxと聞いてどんなイメージをもっていますか?OSの一種くらいに考えている方が多いのかと思います。wikiによれば

UnixライクなOSカーネルであるLinuxカーネル、およびそれをカーネルとして周辺を整備したシステム

と書いてあります。つまりLinuxと言う言葉はカーネルを指しているのです。

Linuxカーネルとは?

ではカーネルとは何でしょうか?カーネルはOSの中核となるソフトウェアの事です。簡単に言うとハードウェアの管理やソフトの実行などを行う大切なソフトウェアです。OSはこのカーネルと様々なソフトウェアが一つになって提供されているのです。

Linuxディストリビューション

Linuxについて勉強しようとするとディストリビューションという言葉をよく聞くと思います。「ディストリ」「ディストロ」等と略して表現される事もあります。

ディストリビューションとはLinuxカーネルやライブラリ、ソフトウェア等をひとまとまりにし、一つのパッケージにした物の事をいいます。

簡単に言えばOS+ソフトウェアをまとめた一つのパッケージです。ですからLinux使用したい時はこのディストリビューションを検討する形になります。

Linuxディストリビューションの種類

OSと聞いて浮かぶ物はWindows,OS X,Android,iOS,Blackberry,など様々な物がありますよね。ではLinuxというOSがあるのかというとそうではありません。

Linuxは上でも書いたようにあくまでカーネルを指しているのでLinuxというディストリビューション存在しないのです。

Linuxディストリビューションにはどんなものがあるのか?実はLinuxディストリは細かい物まで含めると50種類以上存在します。Linuxをインストールしたいけど、どれをインストールしたらいいのか分からず躓く方も多いのでは無いでしょうか。

Linuxは4種類に分けられる

50以上のディストリが存在しますが、これらは全て以下の4種類に分けることが出来ます。

  • Debian系
  • RedHat系
  • Slackware系
  • 独立系

Linuxは元はこの4種類で、ここから様々なディストリへと派生していきました。勿論、派生した中で同じような概念を持っている物もあれば異なった思想の元開発されたディストリもあります。

以下には有名なディストリビューションを中心にまとめたいと思います。

・日本語記事

日本語の解説記事の量を表します。

・デスクトップ環境

Linuxは何種類かのデスクトップ環境があります。現在GNOME/KDEが2強となっています。好きな環境を見つけて下さい。

・リリースモデル

LinuxはディストリをインストールしたらそのままでOKでは無く、新しいバージョンが出たときにアップデートしなくてはなりません。古いと新しいバージョンのパッケージを使えないと言った問題が起きます。これを解決するのがローリング・リリースモデルです。ローリング・リリースモデルはディストリのアップデートをしなくても常に最新のバージョンにアップデートされています。

Debian系

debian-logo

Debianというディストリを元に派生していったディストリ郡がDebian系です。

Debianは世界中のボランティアによって支えられています。ですからDebian系は基本無償で使用することが可能になっています。

Ubuntu

ubuntu-logo

最も有名なLinuxディストリではないかと思います。人気・使いやすさ共に非常に高く万人に勧めるディストリとなっています。

様々サイトでLinuxを始めたい初心者には取り敢えずUbuntuを紹介されているように初心者でも簡単に使用できます。理由としてデスクトップ環境がしっかりしていたり、日本語の解説サイトが非常に豊富に存在する為、問題が起きたり分からない事があっても大概解決します。UbuntuではUbuntuServerというサーバ用のディストリも存在しています。サーバを立てたいという場合はそちらを使用するといいと思います。

とりあえずLinuxを触ってみたい、面倒くさい設定は嫌という人はこのディストリ!

公式Ubuntu

人気★★★★☆
使いやすさ★★★★☆
日本語記事★★★★★
デスクトップ環境Unity
リリースモデル固定リリース

メリット

・インストールから使い始めるまで簡単。日本語の解説サイトが豊富で問題が起きても解決出来る。

デメリット

・LinuxはWindowsに比べて軽量であるもののUbuntuは他のディストリに比べて重いので古いPCでは動作が重くなることがある。

Linux Mint

linuxmint-logo

こちらもDebian系として非常に人気があるディストリです。Linux Mintは上で紹介したUbuntuの派生ディストリです。最近はUbuntuの人気を超えLinuxディストリの中で最も人気があります。

MintのデザインもかっこいいのでUbuntuが気に入らない人にはおすすめ!

公式Linux Mint

人気★★★★★
使いやすさ★★★★☆
日本語記事★★★★☆
デスクトップ環境Cinnamon/MATE/KDE/Xfce
リリースモデル固定リリース

メリット

・Ubuntuと同様に非常に完成度の高いディストリなのでWindowsから以降した場合や初心者でも簡単に扱う事ができる。人気No1なだけあって日本語解説ページも豊富にある。

デメリット

・Ubuntuに比べると若干設定する事がある。

Debian

debian-logo

Debian系の元のなったディストリです。現在でも根強い人気があるディストリでUbuntuの人気が落ちてきた今、Linuxで2番目の人気を誇っています。Debian系の基盤となったディストリでパッケージやリポジトリも豊富なので安定して使用できる。

公式Debian

人気★★★★☆
使いやすさ★★★☆☆
日本語記事★★★☆☆
デスクトップ環境GNOME/KDE
リリースモデル固定リリース

メリット

・豊富なパッケージ、ソフトウェアが存在する。デスクトップ環境でもサーバ目的でも使用可能です。

デメリット

・非常に安定しているが安定性を求めた為、Ubuntuなどに比べるとアップデートが遅くバージョンが古いというデメリットがある。

RetHat系

redhat-logo

RetHat系もその名の通りRedhatというディストリを元に派生した系統になります。

最初はRedhat Linuxというディストリがありましたが、現在はRedhat EnterpriseとFedoraに別れています。

RedhatはDebian系とは違いRedhat社によって開発されています。ですから有料で配布されています。

Redhat Enterprise

redhat-logo

正直、このディストリは一般の方が使うディストリではありません。Redhatは上でも述べた通りRedhat社によって開発、サポートされています。ディストリ自体も有料なので企業が導入する事がほとんどです。

公式Redhat

人気★★☆☆☆
使いやすさ★★★☆☆
日本語記事★★★☆☆
デスクトップ環境GNOME/KDE
リリースモデル固定リリース

メリット

・企業が開発しているので安定している、それからサポートがしっかりしている。

デメリット

・他のディストリとは違って有料なので個人での導入は難しい。

Fedora

768px-logo_fedora_full-svg

Redhat Linuxから分裂した無料版です。FedoraはRedhatの実験的なディストリと言えます。最新のパッケージや環境をFedoraで実験し、その後Redhatにブランチされていくという形をとっています。結果としてFedoraはいち早く技術やパッケージを導入しています。

開発者の方やとにかく新しい物に触れたい方には良い環境かもしれません!

公式Fedora

スポンサードリンク
人気★★★☆☆
使いやすさ★★☆☆☆
日本語記事★★★☆☆
デスクトップ環境GNOME/KDE/Xfce/MATE/Cinnamon
リリースモデル固定リリース

メリット

・非常に早い段階で最新のパッケージや機能が導入される。最先端の勉強をしたい人や開発をするにはよいディストリビューション。

デメリット

・早くアップデートされる分、これまでに使用していた環境が崩れる可能性がある。毎回新しい環境になれる労力がかかる。

CentOS

centos-logo-light-svg

Redhatのクローンディストリとして有名なディストリです。このディストリは完全無料で使用することが可能です。Redhat本家よりは若干アップデートなどが遅いですが、ほとんど同じように使用することができます。多くの場合はサーバ目的として使用され、企業でもよく利用される。

会社や学校などでRedhatもしくはCentOSを使用している場合、サーバ立ち上げをしたい場合などにはおすすめ!

公式Cent OS

人気★★☆☆☆
使いやすさ★★★☆☆
日本語記事★★★☆☆
デスクトップ環境GNOME/KDE
リリースモデル固定リリース

メリット

・RedHatと非常のクローンディストリということもあって、完成度の高いディストリです。基本的にはサーバ目的で使用される事が多いです。

デメリット

・他のディストリに比べるとリポジトリが少ない。

Slackware系

slackware-logo

こちらもSlackware Linuxから派生したディストリ郡のことを指しています。

元になったSlackware Linuxはあまり人気がないので今回は紹介しないものとします。

openSUSE

suse

slackwareといえば有名なのがopenSUSEです。ヨーロッパ圏では非常に人気があるディストリです。このディストリもパッケージが豊富にあり、新技術などのアップデートも早い印象があります。昔に比べて比較的日本語サイトも増えてきましたが、まだまだ少ない印象です。初心者の方にはおすすめしません。

公式openSUSE

人気★★★☆☆
使いやすさ★★★☆☆
日本語記事★★☆☆☆
デスクトップ環境GNOME/KDE/Xfce/LXDE
リリースモデルローリング・リリース

メリット

・可もなく不可もなくと言ったディストリです。YaSTという設定ツールは分かり易いインターフェイスなので使いやすい。

デメリット

・世界的には人気の高いディストリですが、まだまだ日本語記事が少ない印象です。

独立系

Arch Linux

archlinux-logo-dark-1200dpi

Arch Linuxは独立系のディストリとして人気があります。Arch Linuxの思想はとにかくミニマルということです!他のディストリと比較して、必要最低限のパッケージになっています。ですから様々な設定や導入は自ら行う必要があります。裏を返せば全て自分好みに作り上げることが可能なのです。初心者がいきなりこのディストリを使用すると確実に躓きます。

ある程度Linux知識のある方で自分好みのディストリにしたいと思う方には非常にお勧めです!

ちなみに、Arch Linuxの日本語Wikiが豊富でLinux使いには非常に役立ちます。

公式Arch Linux

人気★★☆☆☆
使いやすさ★★☆☆☆
日本語記事★★☆☆☆
デスクトップ環境 GNOME/KDE/Xfce/MATE/Cinnamon/LXDE
リリースモデルローリング・リリース

メリット

・デスクトップ環境から、その他ソフトウェアなどを好きにインストール出来るので自分好みのディストリに出来る。公式リポジトリ以外にもAURという豊富なリポジトリがあり、パッケージが豊富。

デメリット

・インストールするまでが大変です。パーティション分けから必要なパッケージのインストール、デスクトップ環境のインストールなど使い始めるまでが大変です。

Linuxディストリビューションランキング

2016年9月現在のディストリビューションランキングです。

snapcrab_noname_2016-9-17_20-56-42_no-00

distrowatch.com

目的に応じて選ぶLinuxディストリビューション

初心者

Ubuntuubuntu-logo
Linux Mintlinuxmint-logo

開発向け

Debiandebian-logo
Fedora768px-logo_fedora_full-svg

サーバ向け

Debiandebian-logo
CentOScentos-logo-light-svg

Linux勉強向け

Debiandebian-logo
openSUSEsuse
Arch Linuxarchlinux-logo-dark-1200dpi

カスタマイズしたい

Arch Linuxarchlinux-logo-dark-1200dpi

スポンサードリンク