サーバを立てるならレンタルサーバよりVPS!さくらVPSの使い方 (WEBサーバ立ち上げ編)

前回はさくらVPSへを申し込んでからサーバの基本的な所を整えました!

サーバを立てるならレンタルサーバよりVPS!さくらVPSの使い方 (初期設定編)
今回の記事はさくらVPSでサーバを立てるまでについてまとめていきたいと思います! VPSとは? そもそも、VPSとは「Virtual Private Server」の略称です。簡単に言うとサーバを...

今回は本格的に公開するサーバ構築を行っていきます。この先は作りたいサーバによって作業が異なってきます。今回は基本的なWEBサーバを立ち上げるということをしたいと思います!

WEBサーバに必要なもの

WEBサーバソフト

WEBサーバを外部に公開するためのソフトウェアになります。

有名なものはApachNginxなどがあります!現在のシェアはApachが全体の6割を占めており次にNginxが2割といった感じです。しかしApachよりNginxの方が高速といわれています。

PHP(php-fpm)

動的なCGI/PHPを高速化するために、FastCGIと言われる動作を実装します。こうすることでサーバの高速化、負荷軽減などを実現します。これを実装する為に必要なものがphp-fpmです。

データベース

現在、Webサーバだけに限らずサーバでデータベースが存在しないサーバはありません。データベースはその名の通りデータ蓄積しておくものです。

データベース管理ソフトはMySQL,PostgreSQL,SQLiteなど非常に多くあります。個人で立ち上げる際はMySQLを使用する方が多いですかね。

WEBサーバに必要なものをインストール

今回使用はNginx+php-fpm+MySQLを使用してWEBサーバを立ち上げます!

MySQL.svg

Nginxをインストール

まずはNginxをインストールします。

最新バージョンのNginxを使用したいので、yumリポジトリを作成してインストールしていきます!

このようにインストールが開始されるので待ちましょう。

SnapCrab_NoName_2016-5-5_9-1-51_No-00

Nginxをスタートします!

試しにIPアドレスにアクセスしてみます。

以下の様な画面が表示されればOKです!

SnapCrab_NoName_2016-5-5_9-4-2_No-00

PHPをインストール

次は、PHPをインストールします。

まずはリポジトリを作成します!

次はインストールですが、このままインストールするとPHP5.3がインストールされてしまうのでBashリポジトリを一時停止します。インストール後enabled=0を消します。

最後にインストールをします。

無事にPHP5.5がインストールされました。

SnapCrab_NoName_2016-5-5_9-30-48_No-00

次は,PHP-FPMのインストールです。

先ほどのリポジトリから呼び出します!

MySQLをインストール

MySQLデーモンを起動します!

MySQLを自動起動に設定します。

スポンサードリンク

Nginx/PHP-FPM/MySQLの設定

PHP-FPMの設定

PHP-FPMの設定はwww.confに記載されています。

/etc/php-fpm.d/www.confをvimで編集しましょう。

user = Apach ⇨ user = nginx

group = Apach ⇨ group = nginx

Nginxの設定

Nginxの設定はdefault.confに記載されています。

/etc/nginx/conf.d/default.confをvimで編集しましょう。

編集前

編集後

MySQL初期設定

NginxにPHP-FPMが連動されたか確認

php-fpmの起動とNginxの再起動をします。

次にスクリプトを作成してphp情報を確認します。

echoを使用してルートディレクトリにスクリプトを保存します!

確認してみます!

ブラウザで「自分のIP/phpinfo」と検索してください。

無事に表示された方は成功しています!

SnapCrab_NoName_2016-5-5_10-35-16_No-00

サーバを確認

試しにサーバにhtmlファイルをアップロードして表示されるか確認してみます。

まずは、index.htmlファイルを用意しましょう!

アップロードする前に権限を変更しておきます。

RLoginにはSFTPによるファイル転送機能が付いているのでこれを使用します。

SnapCrab_RLogin - hk-tobita@tk2-251-35007usrsharenginx_2016-5-5_12-1-57_No-00

このような画面になったら、アップロード先のフォルダ「/usr/share/nginx/html」に設定します。

SnapCrab_NoName_2016-5-5_12-3-49_No-00

作成したindex.htmlを選択しアップロードします。

SnapCrab_SFtp_2016-5-5_12-4-7_No-00

サーバにindex.htmlが追加されました!

SnapCrab_NoName_2016-5-5_12-4-17_No-00

ブラウザで「IPアドレス/index.html」と入力すると、無事にHello World!が表示されました!

SnapCrab_NoName_2016-5-5_12-9-53_No-00

最後に

これで終了です。WEBサーバを立ち上げることが出来ました!ドキュメントルートにhtmlファイルなどをアップロードすればサーバとして機能します。

もし、Wordpressをインストールしたい場合はphpMyAdminとWordpressをインストールする必要があります。別途用意してください。

スポンサードリンク