パスワード管理ソフト決定版!KeePass2の使い方

普段、パスワードの管理ってどうしてますか?最近はiOSやAndroidで指紋認証が搭載されたり、Windowsで顔認証が搭載されたりと生体認証方式が増えてきました!それでも、まだまだパスワード認証方式は多いですよね。パスワードやユーザ名が増えすぎると中々覚えておくの大変です、そこで今回はパスワード管理するソフトを紹介します。

今回紹介するのはKeePassというソフトです!

SnapCrab_NoName_2016-4-17_0-19-8_No-00

KeePassの特徴は完全に無料で使用でき、iPhoneやAndroidといったスマートフォンとも連携できるのです。他にも沢山のパスワード管理ソフトがありますが、モバイル版と連携出来るものは有料ということが多いんですよ。その点、完全無料で使えるのでおすすめです!

導入方法

まずはKeePassのダウンロードページからソフトをダウンロードしてください!

Classic EditionとProfessional Editionがありますがどちらでも好きな方を選択してください。Professionalの方が細かい設定が可能というだけです。今回はProfessional版を入れることにします。

SnapCrab_NoName_2016-4-17_0-26-33_No-00

exeをダウンロードし、手順通りにインストール。インストール時には日本語はないのでEnglishのままインストールを行ってください。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_18-48-57_No-00

KeePass2の日本語化

起動すると英語表記になっているので、これを日本語化します。

SnapCrab_KeePass_2016-4-20_18-51-20_No-00

公式サイトのこちらに日本語化ファイルがありますのでダウンロードして下さい。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_18-53-57_No-00

解凍すると「Japanese.lngx」というファイルができますので、これをKeePass2がインストールされているフォルダの直下に保存します。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_18-57-31_No-00

ViewタブからChange Languageをクリックし、Japaneseを選択します。自動で再起動した後に日本語表記に変わります。

SnapCrab_KeePass_2016-4-20_19-1-18_No-00

無事に日本語表記になりました。

SnapCrab_KeePass_2016-4-20_19-1-59_No-00

KeePass2の使い方

使い方は非常に簡単です。

まずは、ファイルタブから新規を選択します。

SnapCrab_KeePass_2016-4-20_19-6-45_No-00

次にデータベースの保存先を指定します。フォルダの場所はどこでも良いですが、今回は分かりやすくデスクトップに「KeePassTest」というフォルダを作成しました。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_19-13-41_No-00

フォルダを選択するとマスターパスワードを聞いてきます。このパスワードはKeePassを開く時に必要なパスワードです。忘れない物にしてください。

SnapCrab_複合マスターキーを作成_2016-4-20_19-7-35_No-00

データベースができました。後は右クリックからエントリーの追加をしていくだけです。

SnapCrab_新しいデータベースkdbx - KeePass_2016-4-20_19-8-34_No-00

スポンサードリンク

サンプルとしてAmazonのアカウントを登録してみました。

タイトル、ユーザ名、パスワード、URL、備考と様々なことを記載できます。

SnapCrab_エントリーの編集_2016-4-20_19-15-13_No-00

無事にパスワードが登録できました。

SnapCrab_新しいデータベースkdbx - KeePass_2016-4-20_19-9-55_No-00

クラウドを使用したモバイルとの同期

さて、次はモバイルとの同期方法です!同期にはクラウドを使用します。

KeePassではGoogleDriveやOneDrive、DropBoxと多くのクラウドサービスと連携しています。今回はDropBoxを使用して同期してみます。他のクラウドサービスもやり方は同じなので参考にして下さい。

PC側の設定

まずはDropBoxでアカウントを作成してWindows版のクライアントソフトをダウンロードします。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_19-25-27_No-00

DropBoxをインストールすると自動でDropBoxの同期フォルダが作成されます。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_19-31-58_No-00

DropBoxの中にKeePassのデータベースを保存するフォルダを作成します。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_19-32-10_No-00

後は、使い方編で書いた時同様にデータベースを作成します。注意として保存フォルダを上で作成したDropBoxのフォルダへ保存して下さい。

SnapCrab_NoName_2016-4-20_19-36-27_No-00

これで終了です。次から保存してあるパスワードはすべてクラウド上に保存されるようになります。

スマートフォン側の設定

次は、スマートフォンでの設定です。今回はAndroid OSでの設定方法です。

GooglePlayStoreでKeePassと検索すると複数のアプリが出てきます。

Screenshot_20160420-194143

公式の物でも良いのですが、非公式のアプリの方が使いやすかったので今回は「KeePass2 Android Password Safe」というアプリを使用します。

Screenshot_20160420-194148

インストールすると最初はデータベースがないので以下の様な画面になります。ここで新規作成しても構いませんが、PC側でデータベースを作成していますので「ファイルを開く」を選択して下さい。

Screenshot_20160420-194204

次に何から開くか聞かれます。今回はDropBoxで同期しているのでDropBoxを選択して下さい。他のクラウドサービスやシステムファイルから開く場合はそれぞれのストレージタイプを選択すればOKです。

Screenshot_20160420-194212

PC側で作成したアカウントでログインし認証します。

Screenshot_20160420-194233

PCで作成したKeePassというフォルダが現れるのでこの中に入っている先ほど作成したデータベースを選択すれば完了です。

Screenshot_20160420-194307

PCと同様にマスターパスワードを聞かれるのでPC側で設定した、マスターを入力すればPC側で作成したパスワードが開けます。

※実際に同期している画面を出したかったのですが、セキュリティの問題でスクリーンショットが撮れませんでした。すみません。

最後に

これで、すべての作業が終了です。いままで、パスワードを管理していなかった人やPCとスマホで同期したい人にはオススメなフリーソフトです。是非使用してみて下さい!!!

スポンサードリンク